シリーズ完・「配偶者はオプション、自分で選んだもの」と思う方が気が楽なんじゃないかという話

学生時代から新入社員時代にかけて付き合っていた男性が、自転車圏内に住んでいることが分かり、しかも彼は来月転勤だということで、先週昼ご飯を食べに行った。 お互い、区役所に用事があったので、区役所で待ち合わせ。たしか最後に会ったのは20代のときだったと思う。 彼は予定からだいぶ遅れて区役所に現れた。そして、手続きを待っている私を見つけて 「ごめん、家を出る直前で、妻から罵倒されて、このまま…

続きを読む

愛情は消えても保険にはなる~シリーズ⑫

私は今も、いつでも別れられるように、財布は別だし、共有のものは極力少なくしている。それくらい、面倒ごとが嫌いなのだ。 しかし実際に結婚してみて、考えが変わったことがある。 もし夫が浮気した場合、私の心に芽生えるのは、怒りより好奇心だろう(多少怒りもあるだろうけど)。で、興味を持って色々掘っちゃうだろうけど、夫が離婚したくないと言えば、しないんじゃないかな。 なぜなら、私は今の生活を…

続きを読む

私はたぶん離婚しない、すぐには~シリーズ⑪

もし自分の夫が浮気したらどうするか、と想像してみた。 強がりでなく、私はそれくらいのことにジタバタしない気がする。 それが人間だよねえ、と思うし、そもそも私は他者の行為に対する怒りの感情が薄い。寛容なのではなくて、面倒なのだと思う。怒りのパワーに振り回されるのが。 同じ理由で、人を嫌いになることもない。元カレの類は、数年すると付き合っていたこともさっぱり忘れて、普通にごはん食べていたりする…

続きを読む