完・大連マラソン大会~中国は結局自己責任

結局、これを書きたくて、大連マラソン大会という一般受けしないテーマを取り上げたわけです。 マラソン選手はスタート前に荷物を預ける場所があるようだが、駅伝の各選手はスタート地点までバスで輸送され、第5、第6走者ともなるとバスで2時間以上待たなければならないため、荷物を持ったままバスに乗ることになる。 事前の説明では、荷物はバスに置いておいけばいい。走り終わったら、そこにバスが待機してい…

続きを読む

大連マラソン観戦記①

 ここ数年のマラソンブームで、私の周りにも申し込んでは落ち、当選しては全国各地を行脚しという友人が多数いるが、空気の悪い中国でもマラソン大会はたくさんあり、日本人がたくさん走っている。  空気の悪い中国の中でも大連は比較的ましな方で、親日的でもあり、日本から近いし、エントリーすれば確実に走れる。ということで、5月下旬に開かれた大連マラソンについて、ちょっと紹介。  大連は春と秋、つまり観…

続きを読む

ルールは集団の中で学ぶ①

この週末、一時帰国しています。 日本に向かう飛行機で、私の列には私だけだったので喜んでいたら、隣の隣に中国人の女性がどかっと座り、後ろの方にいた娘を呼び寄せて、CAさんに「私たち、ここがいいから席替えて」と言い出しました。中国ではよくあることで、高速鉄道は半分の確率で、自分の座るべき席にほかの人が座っています。 中国人のCAさんがそれを許容するので、「機内はガラガラなのに、なぜ私のとこだ…

続きを読む