⑳中学受験とかけて跳び箱と解く その心は

 私立中入試の難問について。  私は学生時代、1年生冬から卒業まで塾講師のバイトをやった。受験指導まであったからか、同じ学年のバイト仲間は東大2~3人、一橋2人、早稲田1~2人(私を除く)、慶応1人だった(数字の変動は途中の入れ替わりのため)。バイト先のルールで、私たちは学生であることを隠し、中学受験や高校受験、たまには大学受験の子供たちに勉強を教えた。  当時の生徒や保護者には言えた話では…

続きを読む

完・書かずにはいられない~才能について

教師という仕事を3年ちょっとし、人の子供を41年し、人の親を12年やって、多くの人と話してつくづく思うのは、たとえそれが無意識であっても、子供たちにレールの上を歩かせようとし、そこから脱線する子供にストレスを感じるのが「大人」なのだ。 けれど、列車が脱線したら転覆するのに対し、人間は脱線しても走り続けることができるし、レールなんて実際は幻想だ。 「そんなことをしても役に立たない」「そ…

続きを読む

⑥書かずにはいられない~才能について

 大学の授業で、学生たちに「これまでで自分は才能があると思ったことを挙げてみて」と質問した。「どんな小さなことでもいい」と付け加えると、色々出てきた。 ・幅跳びが得意 ・初めてのスケートですぐ滑れるようになった ・麻雀ならクラスで一番になれる自信がある ・コーヒーを淹れるのが上手 ・絵を描く ・ポスターなどのデザイン ・嗅覚が鋭い  嗅覚が鋭いと言った女子に、目隠しをしてクラ…

続きを読む