旅するように生きていると

先週の中国出張。大連から北京に移動するため、空港のチェックインカウンターで手続きしていると、背後から中国人に声を掛けられた。どう見ても中国人の彼は「私はスティーブンだ。覚えてる?」と言う。 2009年、私が初めて中国で生活し始めたころの、MBAクラスの同級生だった。 中国人は皆、英語の授業でイングリッシュネームを付けられ、外国人とのコミュニケーションではそちらを使う。アグネス・チャンとか…

続きを読む

価値観の違いは長い休みに露呈する

先日、夫が「どんなところに住みたい?」と聞いてきたので、「そうねえ。バルコニーからの眺めがいいところかなあ」と答えたら、 「なんだよ! あなたと一緒ならどこでもいいよ、とか言わないのかよ」と怒った。 こちらも、「じゃあ、あなたはどんなところに住みたいの?」と同じ質問をすると 「港区」と一言……。 普段はこのように平和だけど、長い休みがあると、個人の価値観の違いが浮き彫りとなりますね。…

続きを読む

NHK女性記者過労死に関して、女性記者として思うこと。

数日前、全然違う業界の人から、「何年か前にNHKで過労死した記者の親が公表すると言い出して、選挙前なのに大変らしいよ」と聞いた。 普通の人は「選挙前なのに」というこのこの言葉に、「人の死」と「選挙」を並べるのか、と不快に思うかもしれない。しかし、メディアにとって選挙はそういうものだ。選挙中は月に1日休みがあればありがたいと思え、というレベル。 そしてこの女性記者も、都議選と参院選を乗り越…

続きを読む