③居候夫婦

大学進学で上京してから四半世紀、私は15回以上引っ越してきたが、「今住んでいるところが嫌」とここまで思ったことはない。 考えてみると、生活の主体は日々通う「勤務先」「学校」で、家は「寝るため」の場所に過ぎなかったからだろう。 先日、大学・学部の後輩たちとごはんを食べた。後輩と言っても一回り下(干支同じ!)で、二人とも20代で結婚していた。家計、家事の分担に話題が及んだ時、 Aさん:…

続きを読む

②夢でしか人と話さない日々

完全リモート(在宅)ワークの最大にしてほぼ唯一のメリットは、 「自分の一番大事な世界と、収入の両立」と言える。 住みたい場所があるが、そこに雇用がない。 家族の事情で、決まった時間に通勤するのがきつい。 満員電車がいや。 サラリーマンと両立しにくい(大事な)趣味がある。 この辺でしょうかね。 私の場合は中国に住みながら、日本の通貨、日本の物価に応じた額で収入と経験が得られる…

続きを読む

夢以外で人と話さない日々①

私、昨日も今日も体調不良で11時まで寝てました。 とは言え、子泣き爺が乗っかって来たかのように腹が痛い、それだけです。会社員だったら遅刻の理由として「子泣き爺が乗ってるんじゃないかと思うくらい腹が痛いんです」と言っても顰蹙しか買わない気がします。 中国での仕事を辞めて、完全在宅フリーランスの生活に移行して半年。 再び勤め人に戻れるのか、そこには不安しかない。 私がこの働き方を続け…

続きを読む