引っ越し業者になぜ地元がばれるのか

先日、引っ越した。私は千葉と福岡の分散拠点状態になっていたため、効率を考え、少し広い東京都内の部屋に集約することにした。
千葉の部屋に引っ越し業者がやって来て、黙々と荷物を運び出す。私と夫は特にやることもなく、部屋の片隅に立ってたら、業者さんの一人が「青森から来たのか?」と方言で話しかけてきた。

荷物の中に、夫の高校名がかかれたバッグを見つけて反応したらしい。
青森県民になかなか遭遇しない夫。急にテンション上がって方言で応じだす。すると業者さんは「青森のお客さんは6組目くらいだけど、弘前は2回目」と話す。
横から私が「どうやってお客さんが青森出身と分かるんですか?」と質問した。

だって、出身地なんて、どこにも書く欄ないじゃない。不思議だよね。
業者さん「青森の人は、だいたいリンゴの段ボールがあるんだよね。リンゴかリンゴジュースが入ってた箱。リンゴジュースのメーカーで、もっと詳細な地域が分かることもある」

へえええええええええええ。

以下、二人は完全に方言モード。しかも共通の知り合いがいることが判明し、業者さんの方が年上なので、旦那はいつしか後輩的扱いになり、敬語で引っ越し手伝ってた。まあ、自分の荷物だからいいけど…。

リンゴは保存食だから、段ボールで送って来て、それが長いこと家に置かれて、最後は引っ越しの段ボールになったりするんだな…。
福岡だったらありえない。イチゴを段ボールで送ることはないし、ジュースにはしづらい。せいぜいイチゴワインだろうが、それが実家から送って来るシチュエーションは考えにくい。明太もクール便で、値段的に段ボールが必要なほどの量はいらないし。

引っ越しにご当地事情を見たのでした。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント

  • はりね

    リンゴジュースの箱で、青森のさらなる地域がわかる。なるほど、私はシャイニーです。あおれんではありません。
    2017年08月03日 23:51
  • さなぢ


    だから分からないですって 笑
    >はりねさん
    >
    >リンゴジュースの箱で、青森のさらなる地域がわかる。なるほど、私はシャイニーです。あおれんではありません。
    2017年08月04日 10:56