望んだ生き方と長い旅(上)

先ほど、私が翻訳者、そしてフリーランスとしてのキャリアを始めるきっかけになった取引先から、3月いっぱいで廃業するとの連絡が来た。

ここの仕事を4年近く、先方の休業日以外は1日も休まず続けてきた。ブラジルに旅行していた時も、熱を出した時も。私は明日から朝から夜まで職場に拘束される仕事に復帰するが、その取引先とは縁を切りがたく、作業時間を深夜と早朝にずらして引き続き受けることで話がまとまっていた。

正直なところ、往復3時間の通勤とこの仕事の両立は相当無理があり、週に3日ほどは都内のホテルに泊まって対応しようかと思っていた。負担が減ってほっとしたような、週3日ホテルに泊まってもトントンになる収入源がなくなって残念なような。

いや、でも、一つの仕事がなくなることを知る前に、次の仕事を見つけていた私の強運に感心したのが一番。

いい加減な会社だった。契約書もなかったし、偽名で働いている人も見抜けなかった。けれど、翻訳の仕事経験がないとトライアル(試験)さえ受けさせてもらえないことが多い中で、私はここの仕事を得たことで、その後の字幕翻訳や、英語翻訳の受注につながった。

在宅翻訳は、採用から受注まで全てネットで済むので、毎日やり取りをしている担当者ともプライベートな話をしにくい。
この取引先は、一昨年に私以外の全ての翻訳者の契約を打ち切り、事業を大幅に縮小した。向こうからは何の説明もなく、私も漏れ聞くだけで不安が募り、色々と仕事に応募して、結果的にできることが増えた。

2010年に退職し、子供と中国に渡って6年半。長い旅を続けているようだった。
その旅の中で、親子の生活を支えてくれ、少しのぜいたくを可能にしてくれた仕事が終わる。業務終了のメールを受け取った私は、ずっとビジネスライクな関係だった取引先の担当者にLINEで返信し、この3年半で初めて、私的な会話をしている。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


この記事へのコメント

  • katz

    いつも勉強になっております。

    突然のコメントで不躾ですが、
    質問したいことがあり、管理者の方とコンタクトをとりたいと思っております。

    メールアドレス等の連絡先がブログ内に見当たらなかったもので
    こちらに書き込みさせていただきました。

    よろしければ私のメールにご連絡いただきますと、助かります。

    よろしくお願い申し上げます。
    2017年03月06日 10:22
  • さなぢ

    Katzさん

    コメントありがとうございます。メールをするのは
    心配なので、何かあれば、こちらでコメントいただくか、旧サイトのアメブロからメッセージいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

    >katzさん
    >
    >いつも勉強になっております。
    >
    >突然のコメントで不躾ですが、
    >質問したいことがあり、管理者の方とコンタクトをとりたいと思っております。
    >
    >メールアドレス等の連絡先がブログ内に見当たらなかったもので
    >こちらに書き込みさせていただきました。
    >
    >よろしければ私のメールにご連絡いただきますと、助かります。
    >
    >よろしくお願い申し上げます。
    2017年03月18日 23:18