アラフォー独身は女子力より機動力高めよ

結婚という制度は、当然ながら社会と密接に結びついている。

しかし社会が変わっても、人の意識は変わらない。
給料上がらない会社が増えて、女性が働きだして、35歳になっても40歳になっても結婚しない女性が増えるのは当然だけど、世の中「結婚した方がいい」という意識は変わらず、そして女性の多くは「自分より経済力のある人」を望み、そういう人を捕まえるために女性としての魅力を磨こうとする。

しかし私は、周囲の女たちを見て(既婚も独身も含めて)、
「35歳過ぎると、女子力高めても結婚にはあまり役に立たない」という結論に達しつつある。

女子力が高い人は「金も地位もある男」への嗅覚はしっかり働いている。ただし35歳過ぎると同世代の「金も地位もある男」はほぼ既婚者なので、既婚者に無駄にもててる人が多い。結婚したいなら、既婚者にもてるのは「無駄」と言っていいよね。そして、金も地位もある既婚者に、おいしい物食べさせてもらったりしてるので、いざ独身男を目にしても「頼りない」部分ばかり目につく。

しかし何度も言うが、目的が「ちやほやされること」「おいしい物をおごってもらうこと」でなく「結婚」なら、その頼りない人々から選ばないといけない。頼りない人を育てていかなければならない。
そのためには、自分が頼りある人間にならなければいけない。

このブログを書いている中で、「40歳代で結婚した女性」2人からコンタクトがあったので、根掘り葉掘り聞きだして、改めて「漁場を広げる」、つまり、「自分の結婚対象となる男の数を物理的に増やす」重要性も感じた。
特に、「相手に求める経済力」「相手の居住地」の範囲を広げれば、結婚相手の見つかりやすさは各段に上がるのではないか。

①年収600万円の男を望むなら、自分の収入を300万増やして、相手に求める年収を300万にする。
 
 取引先の職員の女性が、今年結婚した。正確な年齢は知らないが、私よりは上で50よりは手前というところ。若い頃結婚したがバツイチ。子供はいない。
 今回の再婚相手は、伝統工芸の職人さんで、仕事がない時は数か月失業するため、そもそも「年収」という概念がないらしい。

 その話を聞いて、失礼ながら「彼女はもう子供を産む年齢でもないし、それぞれが暮らせる収入があればいいんだよな」と思った。

 相手に求める年収を600万→300万に下げただけで、候補に入って来る男は4倍か5倍に増える。
 まだ社会で何も成していない若い女性が、結婚相手に高収入や有名・安定企業、高学歴を望むのは理解できる。自分もそうだった。
 けど、40代が見えてきた女性が、相手に数値的な条件を重ねると、正直「だから結婚できないんだ」と思われても仕方ない。

 アラフォーになると、カップルの女性の方が収入や社会的地位が上であっても、「妥協したね」なんて意地悪な見方はされにくいと思います。むしろその女性がこれまで頑張って来たから、できる選択肢なんじゃないかな。
 
② 地理的範囲を広げる

 ブログ経由でメッセージをくれた40代前半の女性は、小学生の子供2人を連れて一昨年離婚して、昨年再婚、そして今年、新しい夫との間に3人目の子が生まれたそうです。
 「うまくやったな~」という感じがしないでもない。
 聞いてみると、新しい夫は学生時代の知り合いで、再婚に当たって地元を離れ、子供連れて引っ越したそうなんですね。

 この前も書いたが、高齢婚活女子の大半は、「住む場所を変えない」前提で婚活をしているわけだが、そうすると選択肢はどんどん狭まっていく。
 20代の頃に比べると、1坪あたりの独身男の数は激減している。少子化に直面する日本企業と同じではないか。

 私は福岡、大学時代を過ごした東京、そしてこの数年住んでいた中国と、3つの活動地域があったわけだが、地域ごとに自分の立ち位置も交友関係も違う。それは仕事も恋愛も、チャンスが3倍に増えることに近い。


はおまけだけど、そうは言えども、仕事を持っている人だと居住地を変えるのは難しい。
 それでも、家庭の事情に合わせて配属を変えてもらうような会社に勤めるとか、私のように場所を問わず働ける手段を身に着けるとか、いろいろなやり方はあるはずで、機動力が高くなれば、結婚に限らず、介護や転職、あらゆることへ対応しやすくなる。
 そして収入があれば、距離は離れていても週末婚、別居婚という選択肢もできるわけで。

 35歳からの婚活は、20代の頃の婚活とは足場がまるで違うということを早めに気付いて、相手に求めるものを、自分で実現していくことが必要なのかもしれませんね。

続く





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント