中学受験から半年が経ち

3日間の帰省中。運動部に入った息子は、午後7時前後に帰宅し、着替えもせずにベッドに倒れこんでいる。
小学校時代、特に運動はしていない。5年生で帰国したら勉強が遅れていたので、そこから塾通いの日々。6年生では夏休みも冬休みも一日中塾にいた。

そうして受験して入った中学で、部活の朝練、放課後練習、そして土日の練習試合。はっきり言ってついていけていない。
息子の学校は小学校からの持ち上がり組が多いこともあり、部活内の未経験者は息子含めて2人しかいない。頑張って練習してもレギュラーには程遠く、勉強する時間がないので、成績も上がりようがない。

そんなにしてまで何が楽しいの?と思うのだが、息子は私に、
「先生(監督)から、俺は成長株と言われとるけん。頑張るしかない」という。

よくよく聞いたら、「未経験=変な癖がついていない→成長株」らしい。
確かにそうだ。赤ん坊はみな成長株。新入社員もみな成長株。
40を過ぎてしまうと、そんな言葉が空々しく聞こえたりするけど、言葉の力ってすごいですね。先生ありがとうと思いました。
でも成績心配。傍目から見てると、あんだけ勉強してたのに学力の貯金を猛烈な勢いで吐き出して、あの受験勉強は何だったんだろうと思わずにはいられない。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント