朝方の夢は現実とちょっとだけリンクする

今朝、私は夢の中で、誰かに向かって英語で叫んでいた。
「あなたの靴下の長さは16センチで、普通の人が履いている28センチに比べると非常に短い」
英語学習中の方は、ぜひ英語にしてみてください。

その瞬間に私は目覚め、「ああ、私は石田純一に話しかけていたんだろう」と勝手に納得したが、クリアになった頭で再度考えたら、そもそも石田純一は靴下を履いていないではないか!

今週末、2年ぶりにTOEICを受けるのだが、翻訳の仕事に追われてリスニングの勉強を全くしていない。
前回よりも得点が落ちるのは必至。潜在意識で焦りを強めている私の矛先が、なぜ靴下の短い人に向いたのか、よくわからないが、冷静に考えてみたら16センチの靴下は男が履くなら短いけど、28センチもまた長すぎる。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント