夫はなくとも子だくさん

ハロウィン、あちこちで親子向けイベントが開かれていて、とりわけ息子が恋しい日。
仕方ないから、1人で近くの山に登ってきた。
さっき、息子に「来月、2、3日でも帰ろかな」と言うと
「金がもったいないから、そんな短期なら戻ってくるな」とつれない返事(涙)。
塾の冬季講習、年末年始特訓付き(9万円)と特訓なし(6万円)どっちにする?と聞くと
「3万円の差は大きいから、特訓なしにしよう。自分でやれるから心配するな」
もはやどっちが親か分からない状況。

世間から見たらできた子だろうが、それがまた寂しくて、ハロウィンの色んな写真とともに
「参加したいけど子がいない」と中国の微信(SNS)に投稿してたら、数人の学生から
「私がいるでしょ」「私は子供と同じでしょ」「先生の息子と同じ」とコメントがついていて、涙腺が爆発してしまった。

色んな思いがあるけど。
みんな頑張れありがとう。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント