中国人のお目当ては?~日本商品展示会に行ってきました

 大連で大きなイベントが行われる星海広場はうちから遠く、しかも市内中心部からも少し距離があるので、滅多に行かないのですが、昨日は日本商品展示会のブースに学生がバイトで出ているので、応援がてら2年生3人と顔を出しました。
 幕張メッセとかマリンメッセのような巨大なスペースに、日本企業、自治体、中国企業が入り乱れてさまざまなPRをしています。

 最初は当然、学生が働いている京都の漬物屋、香月庵さんのブースに。漬物が受け入れられるのかな? と思っていたら、前日には相当売れたそうで、まさに修羅場だったそうです。売り場にいた日本人の女性が、炊飯器を開けて商品のタケノコご飯を学生たちに試食させてくれました。
IMG_6167[1].JPG

 3人とも遠慮していましたが、一口食べて、男の子の孫くんが「おいしい。これは本当に中国のお米ですか!」とびっくり。って、たしかに外で食べるお米ってほんとにまずいんです。女性のスタッフさんが「大連のお米よ」と言うと彼は買おうかどうかずいぶん迷っていましたが、結局あきらめました。関税や付加価値税があるので、どうしても割高になるんですよね。私も食べましたが、ほんとにおいしかったです。このお店の商品だけじゃなくて、日本の炊飯器のアピールにもなってました…。

 ぶらぶらしていると目立つのは、フルグラ、歯磨き粉。この二つは大量買いしている人がかなりいました。おむつも山積みされていましたが、これはターゲットが限られているのか、手にしている人はあまりいませんでした。
IMG_6170[1].JPGIMG_6176[1].JPG
↑なぜか大人気のゴム手袋。

 ランドセルも人気。日本では価格もピンキリですが、中国では相当な高級品と思われているので、安い物を高く売る商売もありそうです…。
IMG_6175[1].JPG

 そして学生たちが食いついたのが、ウォーターサーバーの実演販売。おっさんが日本語でまくしたてるんですが、身振り手振りをまじえ、同じフレーズを繰り返すので、格好の日本語学習に。みんな帰り道でも「大連水道水!」「大連水道水!」とリピートしてました。もう、あやしさ満載でしたが、調べたら鹿児島の企業さんでした。
IMG_6177[1].JPG

 疲れて休憩していたら、男子学生2人が来て、「先生、あそこで日本酒1杯2元って書いてあるんですけど、安いですか?」と質問されました。
「安いよ。大連の日本料理屋で飲むこと考えたらだいぶん安い。飲みたいの?」
「はい、飲んでみたいです」
「じゃあ行こうか。って李くん1997年生まれだよね。未成年じゃん」
「中国は18歳から酒が飲めます」
というのでもう1人も連れて4人で日本酒ブースに。複数ある日本酒の中からおちょこでの試飲2元ということで、みんなで飲ませてもらったら
「うちは福岡の商社で、これは福岡の酒です」というので、
「えーーー、私も故郷福岡ですよ」
「福岡のどこですか」
「○○」
「うちのすぐ近くじゃないですか」

 いやー、奇縁です。井上通商さんという会社で、会社のサイト見たらLINEのスタンプ売ってます。これ、ほしい…。
偶然の出会いに盛り上がり、ほかにもちょこちょこ試飲させていただきました。写真撮ってなくて残念。

 ほかにも、佐賀のブースを通りかかったら「さなぢさん?」。顔を上げたら、福岡で知り合った中国人。今は故郷の大連に戻り、この日はボランティアで佐賀ブースに入っていたそうです。

 ほんと、世間は狭いです。狭すぎです。狭すぎといえば、某自治体のブース、の前で足が止まりました。
 ブース自体は自治体のものなのですが、置いてある商品と看板、広告がすべて友人の会社の商品だったので。でも、足が止まった理由は商品だけではありません。
 そこのスタッフが椅子に座って、左手でスマホいじりながら、右手でひたすら芋を食べてる。
 ほかのブースはみんな立って呼び込み、接客してるのに、われ関せずという顔で芋食べてる…。

 驚いてこっそり写真を撮ろうとしたら、何かを察知して芋を隠しました。だから残念ながら写真に芋は写ってないですが、口が明らかに膨らんでいるのは分かります…。
IMG_6169[1].JPG
 ↑取り扱い商品に罪はないので、写真は小さ目に…。

 いろんなブースを見ましたが、商品力はあっても中国語分かるスタッフがいないため、まったく対応できていないところもあったし、説明しにくい商品は試食、試飲が必要だし、色々勉強になりました。
 片道2時間近くかかるんですが、思わぬ偶然もたくさんあって、とても楽しかったです。少し酔っぱらって帰りのバスに乗りました。

 そうそう、うちの学生に感想を聞いたところ、「将来日本に留学したら、福岡に行きたい」というので、理由を聞いたら、「日本酒の人たちが親切だったから」と。
 学生がバイトしていたブースは、中国人もよく知っている京都の会社だったため、ご飯や商品に関心がいったようですが、日本酒ブースの方は私とスタッフの方が「福岡ですかー」と連呼していたので、そっちが印象に残ったみたいです。
 なんか…、観光PRの勉強になりました。やっぱりおもてなし大事ですね。日本語が分かるからこそ、なおさら伝わるんですね。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



 
 

この記事へのコメント