フリーランスに明日はないの、だ・完

日が空きましたが、「サラリーマンと起業家とフリーランス」の続きになります。 私の地元、福岡にもフリーランスのライターさんはいるが、その稼ぎだけで家族を扶養している人には会ったことがないので(探せば当然いると思うが)、自分の今後を想像することも難しい。 仲間探しは、今の私にとって重要なミッションである。 帰国してすぐ、仕事で知り合ったフリーランスの先輩に会った。書くことと外国語を専門にし…

続きを読む

女はネクタイの代わりに

おととい10時、昨日と今日は11時。私の起床時間です。 夜更かしをしているわけでなく、1時前には寝ています。おかげで1日が短くてたまりません。 仕事はそれなりにしているので、勤め人の通勤時間を、私はまるまる睡眠に充てている感じです。 あるいは、先学期までの日本語の先生としての稼働時間をまるまる睡眠に充てているというのか。 もう…れつな自己嫌悪。 「寝れるのは若い証拠」と何度とな…

続きを読む

地味なお仕事

10月に入り、ドカンドカンと仕事をもらい、機械のように働いていた。 薄々気づいていたが、完全リモートワーク、仕事をするのにあまりコミュニケーションがいらないという環境だと、仕事が多くなるほど引きこもりになる。 私は人として小物なので、忙しい時には忙しいアピールをしたいし、大きな仕事を片付けた時にはねぎらってほしい。 FBに、あちこちの駅や空港やラウンジや、さらには打ち上げなんぞの写真を…

続きを読む