⑦自信がなくても手を出す

私は色々努力しているように見えて、行きあたりばったりです。大きな海を手漕ぎボートで進むというのは、常にそうなのでしょう。沈まないために努力はしますが、視界には限界があるので、周到さより勘や勇気にわが身を委ねるしかありません。 翻訳の仕事を始めたのも、特にビジョンがあったわけではありません。 大学で日本語を教え始めて1年目が終わる頃、長い夏休みの活用策として中国語のニュース翻訳に応募したの…

続きを読む