⑧リモートワークの限界点

 最近の自分の状況を大きく変えているのは、昨秋から始めた英語ニュース翻訳です。この仕事は私にとって「英語力を何とか維持するための苦肉の策」でした。  私は2008年ごろからNHKラジオ講座で英語の勉強を続けていましたが、一昨年のTOEICを最後に完全に遠ざかっており、再開しようにも気力が湧かない…。というところに求人が出て、面接での「週に1、2本しか発注できないですが」との言葉にも、「むしろそ…

続きを読む

⑦自信がなくても手を出す

私は色々努力しているように見えて、行きあたりばったりです。大きな海を手漕ぎボートで進むというのは、常にそうなのでしょう。沈まないために努力はしますが、視界には限界があるので、周到さより勘や勇気にわが身を委ねるしかありません。 翻訳の仕事を始めたのも、特にビジョンがあったわけではありません。 大学で日本語を教え始めて1年目が終わる頃、長い夏休みの活用策として中国語のニュース翻訳に応募したの…

続きを読む

⑥中国はまだ所得倍増時代

前回の流れだと、知人の紹介で日本語教師の仕事を紹介され、今に至ります。となりますが、ここは中国、そうは問屋がおろしませんよ。 2012年春ごろ、留学先からほど近い大学の日本語科に面接に行き、先方は4人ほどが対応し、和やかな雰囲気で終わったのに、そこからは2週間経っても連絡なし。 間を取り持った知人に連絡すると「自分もわからないので聞いてみます」と返答があり、しばらくして 「さなぢさんは…

続きを読む