①家なき子

息子小6。知らないうちに受験生になっていた。 私はほとんど関与していないが、せめて精神的な力になろうと、色んなものを振り切って一校目の受験当日に帰国した。 そしたら、実家にいる全ての人間に「何でそんなに早く帰って来たの。受験終わるまであっちにいればよかったのに」と完全に厄介者扱いされた。 「私はオーナーだぞ! 孫正義だってホークスの胴上げのときにはベンチにいただろう。私がいて何が悪いの…

続きを読む