男女のパンドラの箱、スマホ~シリーズ④

探偵を家族につけて、日常生活を送る気持ちってどんなものなんでしょ。 パンドラの箱に手をかけたも同然の状態で。 奥さんを疑いつつ、表面上は普通に接する太郎君はストレスマックスだったらしい。 そして、注意すると、色々なことに気付いた。 例えば、自分から手をつないでくることがなくなった。自分が近づくと、それとなく距離を置かれる。 一緒に買い物に行ったときに、ブランドのワンピースが欲しいと…

続きを読む

白黒はっきりつけたくてーシリーズ③

事態が動いたのは5月。太郎君は、奥さんのスマホにLineの通知が出るのをたまたま目にした。 出勤前のばたばたした時間だったが、スマホを手に取り、メッセージを確認。奥さんはスマホにロックをかけておらず、過去の履歴まで読むことができた。 そこから、メッセージの相手としばしば会っていること、そして相手はスポーツサークルの仲間であること、サークルに行くときに、ケーキを焼いて差し入れをしていること…

続きを読む

疑惑の始まりはバレンタイン(シリーズ2)

男友達、仮に太郎君としておこう。30代半ばの太郎くんは、20代後半で結婚し、小学校入学前の2人の子どもがいる。 奥さんには、結婚前に何度か会ったことがある。奥さんは、基本的には専業主婦で、でも自宅で太郎君(自営業)の手伝いを少ししているという。 発端は今年のバレンタインデーだった。いつもより早めに家に帰ると、そこには奥さんの年齢と同じ数のバラの花束があり、「昨年は楽しかったです。今年もよ…

続きを読む